2008年4月23日に那須高原で出会った運命の猫ボンちゃんとの共同生活そのときどきの出来事や想いなど綴ってます。


by holyluck
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

大丈夫大丈夫

f0050625_21202910.jpg

f0050625_2120291.jpg

「だいじょうぶ」って漢字を繋げて書くと
ヒトが立って手を繋いでるみたいに見えるような
見えなくもないような気がしませんか?
[PR]
# by holyluck | 2017-06-22 21:20 | ひとりごと | Trackback | Comments(1)

6月の象徴

f0050625_229526.jpg

f0050625_229560.jpg

f0050625_22952.jpg

f0050625_22967.jpg

「もう長くはないでしょう、やってあげたいことは早めにして下さい。」と
母の主治医に言われたのは2年前の5月だったか。
4年の闘病生活の中で、これ以上ないくらい落ち込んだ時間だった。

それから急いで計画をたて予約をし、
母が行きたがっていた場所に家族旅行したのが6月。
旅行先から自宅に戻ってきた時の母はとても嬉しそうだったんだ。

自宅から少し歩いた先には父が植えて手入れした紫陽花が花盛りで
霧のような雨の中をゆっくり歩きながら見に行った。
母は花を育てたり見るのが大好きで
帰省すると必ず二人で庭の花を一通り見回るのが「いつものこと」だった。
だから、その時もゆっくりだけど歩いて見に行けたのが嬉しかった。

あの頃の「まだまだ大丈夫、奇跡は起きる」っていう気持ちと
どんどん痩せていく母の姿に主治医の説明でみた画像の大きな塊が重なって
不安が膨らむ気持ちがせめぎあっていた時間を思い出すと苦しくなる。

自宅で過ごす母の姿を私が見たのはこの時が最後になった。


最後の家族旅行とあの日の紫陽花は
私の中で6月の象徴として残り続ける。
そしてあらゆる場所で紫陽花を見る度に
あの年の6月を思い出し続けるんだろう。
[PR]
# by holyluck | 2017-06-20 22:09 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

ハッスルボン

f0050625_21185872.jpg

f0050625_21185881.jpg

f0050625_21185962.jpg

f0050625_21185971.jpg

f0050625_21185969.jpg

ハッスルボンちゃん。

仔猫ちゃんみたいな顔付きで
バリバリ爪を研いだら
サッとキリッと窓辺に走っていきました。

かっこかわえかったーーーー!
[PR]
# by holyluck | 2017-06-08 21:18 | ひとりごと | Trackback | Comments(1)

わたしの手帳

f0050625_2228295.jpg

ここ数年、毎年の手帳はマーマーマガジンから出ている
「わたしの手帳」(以前はあたらしい自分になる手帳)を使っています。

楽しい予定からその日の気分や起きた出来事など
思いつくまま書き込んで使っていました。
“自分と打ち合わせをする”ということも大切な手帳の役割でした。

でも、ここ2ヶ月程は手帳を開くことも少なく、
ほとんど書き込みをしていません。
先程も、よし6月になったことだし決まった予定だけ書こうと開いたけど
閉じてしまいました。
なんのこっちゃ…と自分突っこみです。

どうして書けないのか書きたくないのか
自分でも良くわからない。

自分と打ち合わせって格好いい言葉。
服部みれいさんの本で初めて読んで「おおっ」となりました。
みれいさんの意図を正確に読み取れてないかもだけど、
私は私なりに手帳を通して予定の把握と同時に
自分の機嫌や希望や感じたことを自分でわかるようにして、
これからのこと、やりたいこと、予定を決めたりしていました。
だけど、3月18日を最後に全くそれは出来ていませんでした。
Twitterやこのブログに思いつくまま書いてはいたけど、
それらは自分の気持ちとはタイムラグを置いて表現していたしな…。

もうそろそろ落ち着こうよと思う自分と
無理しなくていいといいつつ
しがみついてるだけじゃ?と思う自分がいます。


あれれ、
「どっちでもいいからちゃんとすれば?」
って声が聞こえてきました。

でもさ「ちゃんと」ってどうすればいいの、教えて?
[PR]
# by holyluck | 2017-06-06 22:28 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)

スッキリ!?

f0050625_2040580.jpg

約1週間に及ぶいわゆる風邪との戦いは終りを迎えている感じ。
先週後半から日に日に快方に向かっている感覚はあったけど、
もう大丈夫!まではまだかなぁ。
油断しないで今週も頑張ろうと思います。


窓を覆っていた蔦の葉はすっかり取り払われました。
グリーンカーテンで良かったのに・・・と思ってたけど、
部屋が明るくなってそれはそれでそうか、といった感じ。
ボンにはとっては見晴らしが良くなったので
下を通る外猫さんに声をかけるようになったのが煩くなっちゃって。
あんまりな時は窓を閉めるひどい母ちゃんです。


風邪で耳が聞こえにくくなってたのも戻ってきたし、
ズビゼロブーも減ってきたからよかったよかった。
喉の腫れも引いてきて声が出るようになってきた。
それにちゃんと夜眠れるようになれればあとはOKだな!
[PR]
# by holyluck | 2017-06-04 20:40 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)

6月しゅっぱーつ

f0050625_20594760.jpg

f0050625_20594766.jpg

はい今日から6月です。
わたくしめは先月末からの不調を引きずっての
かなしみのスタートになりました。

今年は花粉症を悪化させることもなく
風邪を悪化させてボロボロになることめなく
「ゆうしゅーーーーー!」と思ってたのに。
急になんの前触れもなく鼻水がドバッと出たかと思ったら
あれよあれよとズビズバとブヒーとゲホゲホとポーーーと
ようするに一気に風邪を悪化させた状態へとかけあがりました。
かけあがりました・・・・・・

現在は“後鼻漏”というひじょーにややこしく面倒な状態に。

そんな中ですが、
仕事はちょっと休みつつ優しい同僚に助けられつつ
ボンには遠巻きに見守られつつなんとかなっています。
ありがたい。

ためこんだものをデトックス!と思って
あと少し頑張って乗り切りたい。
ボチボチ通常営業を目指したいと思います。

どんな6月になるかな?
楽しいことばかりの6月になる予定です。
[PR]
# by holyluck | 2017-06-01 20:59 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

5月終り

f0050625_2145897.jpg

f0050625_2145824.jpg

f0050625_2145934.jpg

f0050625_2145999.jpg

5月は今日で終り。
5月の後半もいろいろあって
書きたいことは沢山あったけど
なかなかブログにまとめられなかったな。

とにもかくにも、
ボンは相変わらず元気です。
カワエエ病で母ちゃんを瞬殺してます。

あ、すずも!
[PR]
# by holyluck | 2017-05-31 21:04 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

許すボン

f0050625_20463690.jpg

f0050625_2046365.jpg

f0050625_20463653.jpg

f0050625_20463710.jpg

f0050625_2046379.jpg

反省してるなら許してあげてもいいよのボンは
恥ずかしそうに頬笑みながら母ちゃんを見つめ
おずおずと頭を母ちゃんの体にゴッチンしてきて
母ちゃんは愛しさがもう炸裂してしまい
抱っこしまくりまくりまくり…
再度ボンに嫌われそうになりました。
そこはホレ、懐の深いボンに再び許してもらいましたとさ。

チャンチャン!
[PR]
# by holyluck | 2017-05-14 20:46 | ひとりごと | Trackback | Comments(1)

じっとりボン

f0050625_2036195.jpg

f0050625_2036192.jpg

f0050625_20361913.jpg

f0050625_20361926.jpg

f0050625_20361936.jpg

ゴールデンウィーク中ちからいっぱい遊ぶ母ちゃんに
ボクだけを見て…とじっとり迫るボンちゃんでした。

意識が自分じゃないとこに向いてるのよくわかるよね~!
すごいすごい。
[PR]
# by holyluck | 2017-05-14 20:36 | ひとりごと | Trackback | Comments(1)

猫になりたい

f0050625_19453784.jpg

猫になりたいと思う
彼らは過去を振り返ってどうこう悔やまない
彼らは未来を思ってあれこれ悩まない
ただひたすらにいまを生きている

すずはひところやや険しいような表情をしていた
いまは以前のような呑気な表情になって甘えている
さくらはいまどうだろう
入院手術の1ヶ月以上の間に忘れられてたって言ってたっけ

忘れることが自分の命を守るためのちからでもある
新しい環境に馴染まなきゃ生きていかれない彼らのちから
私も彼ら猫のようになりたい
彼らのちからを持ちたい

不思議なんだ
当時はものわかりの良い子を演じていたのかな
時間が経つほどに激しい悲しみが襲う
居ないことを悲しみ怒り悔やみ焦がれる
ぶわっと大粒の涙が溢れてくる

美味しいケーキを食べてるとき
ドライヤーで髪を乾かしているとき
通勤中に邪魔な棒を見つけた瞬間
大好きな歌を聴きながら
Twitterで何度かオススメしたなぁって
ボンの変な顔写真が撮れたとき
岬の先端、波打ち際で
空を仰ぎ見て

なんでもないような瞬間に込み上げるから始末が悪いよ

猫になりたい
猫の忘れるちからを私も持ちたい

彼らは忘れたんだよね
彼らは覚えていてなおいまだけを生きているのかな
あの深い瞳の奥に過去はしまいこんで
いまの中には過去も未来も含まれることを知っているから
忘れなくてもいまを生きれるのかな

変えられない過去を悔やんで
まだ来てもいない未来を憂いて
おいおい泣いているなんて
猫からしたら私はどうかしてるんだろうか

どうしたらいいのかな
わたしはどうしたらいいのかな
[PR]
# by holyluck | 2017-05-14 19:45 | ひとりごと | Trackback | Comments(1)
f0050625_22285919.jpg

f0050625_22285966.jpg

f0050625_22285921.jpg

f0050625_22285971.jpg

f0050625_22285969.jpg

大好きな真鶴へどうしても行きたくなって、
前の日の夜に行く決心をして行ってきました。

大好きな人たちには、当日朝に電車から連絡して。
急過ぎて、会えなくてもしょうがないと思っていたけど、
時間をとって迎え入れてくれて会えて嬉しかった!

実はひとりだと時間をもて余すかなぁと思って
以前行った時より30分遅い出発にしたのだけど
結果、時間が足りないくらいだった。
岬の中での森林浴をもっともっとしていたかったし、
蛸の枕も、場所そのものが気持ちよすぎてずっとずっと居られるし、
Bonamiでの対話も時間切れって感じになってしまった。
それでも約束した時間を随分オーバーしてしまったけれど。

バスで移動する関係上どうしても時間が気になる。
でも、出来れば時間を気にせず行動したい。
自分の気持ちの赴くままに、満足するまでずっと。
時間だからと森を歩くのを早めたりせず

時間だからと花の香りを匂うのを諦めたりせず、
時間だからとあと少し寝転がりたい気持ちを押さえたりせず、
時間だからと慌てて干物を選んだりせず、
そういう風に自分の気持ちに忠実に動き続ける旅をしたいなぁ。


真鶴を歩き回っていると乾いた心がごくごくと
水分を飲み込むように潤っていくのがわかった。
私にはこうして自然の中に身を置く時間が定期的に必要なんだよなぁ。

また真鶴に行く口実がひとつ出来たな。
[PR]
# by holyluck | 2017-05-11 22:29 | ひとりごと | Trackback | Comments(1)
f0050625_21461980.jpg

f0050625_21461986.jpg

f0050625_21462036.jpg

f0050625_21462045.jpg

f0050625_21462084.jpg

栃木県は真岡から益子からの結城への旅。
最終地で最大の目的は中山うりさんのライヴです。

初めてのメンバーオンナ3人の旅でしたが、
それぞれ静かに自分の興味を満たしながら、
お互いの知らない部分を補っていく会話や気遣いが、
心地よく楽しい時間をつくっていました。

また一緒にお出掛けしましょう!と約束が出来て嬉しかったなぁ。
[PR]
# by holyluck | 2017-05-11 21:46 | ひとりごと | Trackback | Comments(1)

週末のアルバム

f0050625_2129214.jpg

f0050625_21292150.jpg

f0050625_21292282.jpg

f0050625_21292238.jpg

f0050625_21292295.jpg

土日は思い切り遊び呆けてしまいました。

楽しかったけど疲れた~!
沢山歩き回ったからね、いい運動です。
お天気はいいし、緑は眩しいし、花は盛りだし、
美味しいに違いないモノは沢山あるし、
体がひとつじゃ足りないなぁ。
ほんと、楽しかった!

明日明後日が仕事なんて信じられないけど、
しょうがない、現実なので頑張ろう!
[PR]
# by holyluck | 2017-04-30 21:29 | ひとりごと | Trackback | Comments(1)

休日

f0050625_21042.jpg

f0050625_210424.jpg

最大9連休とも噂されるゴールデンウィークですが、
私はまず土日の二連休を満喫したいと思います。

今日は直観で行こうと思うままに歩き回りました。
お天気は良く、お祭りの気配があちこちにあり、
歩き回りながらキョロキョロ、そわそわして飛び込んでいきました。
帰宅した時は仕事以上に頑張った感があり、
仕事よりも達成感があったのは否めません。

ボンも朝からアマアマで撫でて~撫でて~と
まとわりついて困った子ちゃんでした。
この春色のシュシュがホントに似合ってしまって、
写真を撮る手が止まらないので困ります。
ボンちゃん、カワエエもほどほどにね!
[PR]
# by holyluck | 2017-04-29 21:00 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

9歳のボンちゃん

f0050625_2115532.jpg

f0050625_2115655.jpg

4/23はボンちゃんのお誕生日でした。
出会った時はすでに生後2か月だったけど、
出会った日を誕生日にしました。

9歳になったボンはヒト年齢では母ちゃんを越えてしまいました。
自分もけっこういい年齢だなぁと思う今日この頃ですが、
ボンも気をつけてあげないといけない年齢なんだな。
とはいえ自己管理がしっかりしているボンと
自己管理が出来ない母ちゃんのどちらが気をつけるべきかというと
もちろん母ちゃんなのですが、わかってますはい。
ボンとはまだまだ倍以上は一緒にいたいと思うので
改めて気を引き閉めて自己管理していきたいと思います。
そして、ボンにお世話させてもらおう。


母ちゃんと一緒に生きてくれてありがとうボン。
母ちゃんに沢山のことを教えてくれてありがとうボン。
母ちゃんに大好きってしてくれて
母ちゃんも大好きって言わせてくれて
母ちゃんよりもでっかい懐のボン
これからもよろしくよ。
母ちゃんも頑張ります!
[PR]
# by holyluck | 2017-04-26 21:15 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

さよならのあとで

f0050625_2114297.jpg

42行の言葉で成る1編の詩を1冊の本で表現している。
優しい言葉に高橋和枝さんのそっと寄り添う絵が
読み進める者の呼吸や視線や息遣いを整えてくれるよう。

大切な本がまたひとつ。

『さよならのあとで』
詩 ヘンリー・スコット・ホランド
絵 高橋 和枝


 死はなんでもないものです。

 私はただ
 
 となりの部屋にそっと移っただけ。

 私は今でも私のまま

 あなたは今でもあなたのまま。
 
 私とあなたは
 
 かつて私たちが
 
 そうであった関係のままで
 
 これからもありつづけます。
 

 私のことをこれまでどおりの
 
 親しい名前で呼んでください。
 
 あなたがいつもそうしたように
 
 気軽な調子で話しかけて。
 
 あなたの声音を変えないで。
 
 重々しく、悲しそうな
 
 不自然な素振りを見せないで。
    
 私たち二人が面白がって笑った

 冗談話に笑って。
 
 人生を楽しんで。
 
 ほほえみを忘れないで。


 私のことを思ってください。
 
 私のために祈ってください。
 
 私の名前がこれまでどおり
 
 ありふれた言葉として呼ばれますように。
 
 私の名前が

 なんの努力もいらずに自然に
 
 あなたの口の端にのぼりますように。
 
 私の名前が

 少しの暗いかげもなく
 
 話されますように。


 人生の意味は
 
 これまでと変わってはいません。
 
 人生はこれまでと同じ形でつづいています。
 
 それはすこしも途切れることなく
 
 これからもつづいていきます。

 私が見えなくなったからといって
 
 どうして私が

 忘れられてしまうことがあるでしょう。


 私はしばしあなたを待っています。
 
 どこかとても近いところで。

 あの角を曲がったところで。


 すべてはよしです。 


写真の本にとまっている蝶のブローチは小菅幸子さんの作品。
蝶は魂の化身といわれることもあり、
これもいずみさんからのメッセージと受け取り、
本と同じ日に購入しました。




[PR]
# by holyluck | 2017-04-25 21:01 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
f0050625_2124413.jpg

f0050625_2124429.jpg

展示を見に行った先で気になる白い本があった。

手に取って開くと四つ葉のクローバーが描かれている。

ふと数日前のことを思い出していた。
ギャラリーエフの庭、ひとつの鉢に
本当は三つ葉のクローバーなのに
今年は四つ葉のクローバーが沢山ひらいていると聞いて
写真を撮ったばかりだった。
五つ葉まであって誰かさんの仕業かしらなんて思ったばかり。

書名を見ると『さよならのあとで』。
これはシンクロ…と思い先を読み進めた。

読みはじめてすぐいずみさんの声が聞こえてきた。
まるでいずみさんが目の前で喋っているようだった。
いずみさんがひとことひとこと
毅然としかし微笑みながら読み上げていく。

ーーーー

 死はなんでもないものです。

 私はただ
 
 となりの部屋にそっと移っただけ。

 私は今でも私のまま

 あなたは今でもあなたのまま。

ーーーーー

いつまでもアレコレ考えて後悔して
グルグル歩いては同じところに居ようとする
私へのメッセージだと思った。
そして「悲しみにしがみつかないで…!」と
いずみさんからたしなめられた気がしたんだ。

最終行は“All is well. …すべてはよしです”で結ばれる。
そう思うにはさすがに時間がかかるだろうし、
いつかそこに辿り着けるのか自信はないけど
やはり前を向いて歩き続けるしかないのだ。
そう感じる出来事だった。



[PR]
# by holyluck | 2017-04-24 21:24 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

時間を改行する

f0050625_19573047.jpg

前回みたいな記事を書くのは
ゴロンと毛玉を吐くのに似ている。

もやもやとしたモノが胸の内からのどの奥に
ゴロゴロと毛玉となって集まってきて
吐き出すと少しスッキリする感じ。

毛玉を吐くタイミングは分からない。
歩いている時や寝る直前、電車の中。
吐こうと思って吐けるものじゃないから
オバサンがみっともない…と思いつつ
電車で泣きながら文章を書くことも多い。

だけど、吐ける時は変化した時。
前に進めたときばかりじゃなくって、
横移動だったり後退りだったり、
はたまた足をタンッと揃え直しただけの時も。
でも、もう同じではないというのは確かで。
明らかに時間が改行された感じがあるんだ。

そうして時間薬を仰向いてグッと飲み込む日々。
薬がいつになったら効くのかわからないけど
それしかなすすべがないのだから飲み込むしかない。

時間は季節は、確かに変わっていく。



[PR]
# by holyluck | 2017-04-21 19:57 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

なぜなんだろう

f0050625_8422393.jpg

カフェに行っても
会えないのはなぜなんだろう

はにかんだ表情で
いたずらっ子の口元で
すべてを包み込むまなざしで
やわらかく響く声で
迎えてくれてたのに

朝夕の電車から
あの邪魔なだけの棒を見る
私の祈りは家族やみんなの祈りは
どうして届かなかったの?


月が綺麗だよ
脇道に面白い柄の猫がいたよ
ここのお菓子おいしいの
ジェラート食べたいな
あの猫さん見つかるといいね
この曲大好き
humming…
うちの実家ではね
お花がきれいだね
あのお店に行きたいな
夢みたいなゼリー!
夕陽がすごいよ
いま会いに行くところ

なんで伝えられないんだろ
なんで話せないんだろ
なんで会えないんだろ

悲しみを抱えたままでなんて
気取ったことを思ったけど
前になんか進めない
否応なしに
容赦なしに
時間が過ぎているだけ

立ち止まったままの自分がいる
立ち止まっていたい自分がいる
[PR]
# by holyluck | 2017-04-17 08:42 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)

春のおめかしオシャボン

f0050625_2132537.jpg

f0050625_2132632.jpg

f0050625_2132668.jpg

f0050625_2132671.jpg

新作の首飾りでおしゃれを楽しむボン。
外す時に「えーー外すの?」って表情になるの
母ちゃんは見逃しませんよ、おしゃれって楽しいのね!
[PR]
# by holyluck | 2017-04-14 21:32 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

すずの夢を見る

f0050625_9194490.jpg

夢を見た。
どこかの、たぶん、いずみさんの部屋。

誰かと一緒に話をしてて、
そろそろ帰りましょうか、という時。

すずにちょっと会いたいな…と
隣の部屋を覗くと
ベッドの上、布団の陰に
すずは座っていた。

ああ・・・

「オラちゃん、
オラちゃん、
オラちゃん・・・」

すずに近寄って呼び掛けているうちに
私は泣いてしまって。
シクシク泣いてしまって。

そしたらすずは布団の陰から出てきて
私の頭を両手で挟んで額をなめようとした。
そこで目が覚めた。

ポスポスと頭に当てられた
すずのお手ての感触は今も覚えてる。
優しいすず。
大好きなすず。


いずみさんが肉体を失って、
沢山の人が夢でいいから会いたい
会いにきて欲しいと願っている。
それはそれは沢山の人が望んでいるから
いずみさんは忙しいだろう。

いずみさんの夢を見るより先に
すずの夢を見たから
私のところは後回しにされるかな。
でも、それでいいよ。

私はいずみさんの夢は見られなくても
いずみさんをいつも感じているから。

写真は仲良しのtomoちゃんが撮ってくれた
いつかの“うばんぼん”

[PR]
# by holyluck | 2017-04-11 09:19 | ひとりごと | Trackback | Comments(1)

素敵なボンダンス

f0050625_140973.jpg

f0050625_140103.jpg

f0050625_1401099.jpg

くびがまわらないのも痛いのもぶっ飛ばすボンダンス。

母ちゃんが望むようには慰めてくれないけど
ボンなりには母ちゃんを元気付けようとしているのかもしれない。

そうじゃないかもしれない。
そんなことボンはどっちだっていいのかもしれない。

まあどっちでもいいか、と思った朝。

ボン先生、さすがです!
[PR]
# by holyluck | 2017-04-08 14:00 | ひとりごと | Trackback | Comments(1)

悲しみを抱えたままで

f0050625_2153322.jpg

大好きないずみさんが天に召されて2週間が過ぎました。

あてどない旅をしているような虚ろだった1週目から
頼りないながらもなんとか足を前に進める 2週目になりました。


ーーー
夜になれば朝がくる
泣いていてもお腹は減る
悲しくても猫は可愛い
苦しくても音楽で少しゆるむ
思い出せば涙が溢れるけど
やっぱり猫は可愛い
いずにゃんはもっともっと可愛い

悲しみを抱えたまま
前に進もう
ーーーー


1週目に自分を励ますために書いた言葉だけど
実際に、時間が流れ始めたのは2週目だったんだな。

ただ、なんとか足は前に運び続けているけれど、
いずみさんがいないことを受け入れきれていないことも当然で、
自分の立っている場所が分からなくなって
途方に暮れるような気分になることもまだ多々ある。

どうしたらいいんだろ・・・って茫然となったら
あのいずみさんが言うところの「邪魔な棒」を見つけて
とりあえずそっちの方を目指せばいいのかなぁ。

いずみさんに答えてほしい。

[PR]
# by holyluck | 2017-04-07 21:05 | ひとりごと | Trackback | Comments(1)

近況

f0050625_1815453.jpg

f0050625_1815463.jpg

長い長いあてどない旅をしているような1週間だった。

時間も日にちも曜日もわからなくなり
寝てるのか起きているのか夢の中なのか
自信がなくなっていくような毎日。


そんな日々の中で
ボンが夜明けにリズムを取り返し
ボンが遊びに誘い部屋に動きをつくり
ボンがクスッと笑える手伝いをし
ボンが柔らかく温かい体を目の前に横たえてくれる
その瞬間のひとつひとつにどれだけ救われたことか!

ボンはまぁなんと言うか猫らしいというか、
あまりこころに寄り添うとかそういう感じはなく、
ただひたすら毎日のモノコトを積み重ねていく
母ちゃんとの共同生活を要求してくるから
部屋でめそめそしていても容赦ないので逆に助かる。


まだまだ旅はつづく。

泣き笑いを顔に張りつけたままで
物語の行き先は全く見えないままで
手を足を体を動かして行くしかないんだ。



[PR]
# by holyluck | 2017-04-01 18:01 | ひとりごと | Trackback | Comments(1)

f0050625_21163967.jpg

f0050625_21164074.jpg

f0050625_21164082.jpg

真っ青な空が眩しくうららかな春の日、
仲良しさんと「結いのおと」音楽祭に行ってきました。

初めての結城市、マップを片手にのどかな町を歩き回る。
のどかなって表現がぴったりだよねって何度も言い合ったっけ。

今日は我慢はしません!と宣言して
美味しそうなものを買って食べて飲んであとはお持ち帰り。
さすがにイチゴが甘くて美味しかったしどれもこれも満足。

暑いくらいの陽ざしは午後過ぎから風が強くなり
夕暮れに向けて気温がどんどん下がっていった。
暑いって言うと雨よりマシって何度も言い合ったっけ。

みんなのこころの中には本日のバースデーガールがいたね。
今日一緒に聴けたら良かったな、今日はどんな調子かなって。
この想いは、この音は、この空気は届いてるかなって。

坂本美雨 with CANTUS の美しい歌声を浴びなから想いを馳せる。
何曲目かの宮沢和史さんの『遠い町で』が胸に迫る。

「離れていても 君の心 いつも見てる
遠くにいても 君の涙 僕は見える」


あなたに出逢えて嬉しいよ。
あなたに沢山のありがとうを。
あなたにお誕生日おめでとうを。
あなたに沢山の愛を。

いずみさん、あなたが大好きです。

[PR]
# by holyluck | 2017-03-23 21:16 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)

朝の遊び

f0050625_21472864.jpg

f0050625_21472899.jpg

朝から余裕があるわけではないけど
可愛すぎて遊ばずにはいられないから
結果的に自分の準備の余裕がなくなること多々。

母ちゃんとして本望だからいいんですけど
ボンが幸せならそれでいいんですはい。
[PR]
# by holyluck | 2017-03-22 21:47 | ひとりごと | Trackback | Comments(1)

最近のすずのすけ

f0050625_21365031.jpg

f0050625_21365097.jpg

f0050625_21365033.jpg

f0050625_21365017.jpg

f0050625_21365015.jpg

すず成分補給の記録。
[PR]
# by holyluck | 2017-03-21 21:36 | ひとりごと | Trackback | Comments(1)

ステキなボン

f0050625_2132533.jpg

f0050625_2132567.jpg

f0050625_2132538.jpg

f0050625_2132554.jpg

f0050625_2132649.jpg

最近のボンコレクションから・・・!
[PR]
# by holyluck | 2017-03-21 21:32 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

幼年連禱



      吉原幸子

幼い春の
わらふ 日ざしの
桜の花の 花かざり

しなやかな陸の貝がら
吹きはがされた空のうろこ
花びらは
透きとほった血をにじませて ひとひらひとひら 死んでゆき
傷口をつなぐ 白いもめんいと

そのやうに
絶えず枯れてゆく 時と時とを
貫き つなぐ
ひとすぢの閃光
思惟の あらゆる頁を縫ひすすむ
ただ一台の
蒼ざめた機関車!

さんさしおん!

花わをつくって あそぼうよ なみだたち
ああ 死んだ わたしの時たち

だがこの桜に 夕暮れはいま溺れようとし
白いもめんいとの かすかにけぶるささくれ
[PR]
# by holyluck | 2017-03-16 20:47 | Trackback | Comments(1)

三寒四温

f0050625_941250.jpg

詩人の吉原幸子さんの詩に
「さんさしおん!」という一行があって
三寒四温のこの時季には必ず思い出すのです。
なんという詩かも忘れてしまったので
久しぶりに詩集を出してみようかと思います。

春が恋しい、そんなお天気です。
[PR]
# by holyluck | 2017-03-16 09:04 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)