2008年4月23日に那須高原で出会った運命の猫ボンちゃんとの共同生活そのときどきの出来事や想いなど綴ってます。


by holyluck
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

しっぽ浴

f0050625_16362760.jpg

f0050625_1636277.jpg

お風呂がサイコーな季節になりました。
ボンもわかっているのか寒くなってきたら
母ちゃんと一緒にお風呂場にくるようになりました。

湯船に浸かりながら、ゆらゆら揺れるしっぽを眺める至福ったら!
暖房を使うようになったら濡れた手でボンを撫でるのもたまりません。
ボンの内蔵マリンバがコロコロと高速トレモロを奏でます。

この日、かなり気持ち良かったのか長くたっぷりしっぽ浴してたボン。
出る時にびっしょりのしっぽのまま行こうとするので、
しっぽをタオルで拭こうとしたら、
お風呂の縁でちょっともにゅもにゅしてしまって、
湯船に落ちかけたボンちゃんなのでした~。

あ~びっくりした!
[PR]
# by holyluck | 2017-10-18 16:36 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

週末はフリーライブ

f0050625_208483.jpg

f0050625_2084831.jpg

f0050625_2084836.jpg

f0050625_2084843.jpg

f0050625_2084844.jpg

先週末はエフに出掛けようと駅まで歩いていた時に、
駅前で東北6県ろーるショーのフリーライブがあることを初めて知り、
しかも5分後に開始するってわかったら観覧しちゃいます。

エフに向かいながらいずみさんのことを考えていたせいと、
以前、いずみさんと白崎さんのカッコ良さについて話し、
いずみさんが好きだって言ってた曲を思い出したせいで、
ライブがはじまってしばらくは泣くのを堪えるのに必死。
お祭りみたいなステージ(まづろわぬ民もあるけど)なのに
泣いてたらおかしいべー!と必死な自分を笑うことで堪えた。
実は東北6県ろーるショーを生で聴くのは初めてで、
その、地に足の着いたパワーが素晴らしかったです。
路上が、青空の下が、とっても良く似合ってた!
最後は沢山のちからを貰って、気が付けば1時間が経過してて、
何かを成し遂げたような充実感でエフに向かいました。

そして本日はむさしの猫マルシェでの
山田稔明さんと近藤研二さんのフリーライブ。
雨だし遠いしどうしようか迷っていましたが、
どしゃ降りでも本降りでもなくシトシト雨。
なんとかなるさ、と家を出たらなんとかなりました。
行きたいところには雨が降ろうが槍が吹こうが行きますね、ハイ。

お二人のライブを聴くのは4回目かな?
猫オンリーの曲しばりのライブで何度も聴いた曲だけど、
やっぱり楽しくてじーんと来てイェイってなって
最後はボンに早く会いたくてたまらなくて抱っこしたくなる。
これもいつも通り。


今日のライブ前に、たまに行くお店の人から
「猫はいつから好きなの?家にいたの?」って聞かれて、
「小さい頃から好き。家にはいないような、いたような。
小学校から帰ってきたら川に捨てられていたから…」
と喋っていて思わず泣きそうになった。
まだお店の人は喋り続けようとしてたけれど、
私は胸が詰まってしまって喋れなくて、
話を遮って出てきちゃいました。

この話を他人にするのは初めてではないけど、
なんか急にそんなことを聞かれてポロって喋ったら
隠してた気持ちがポロって出てきちゃったみたいです。
あの日の、帰宅後姿の見えないミイの名前を呼んで探して、
夕暮れ迫る中を名前を呼んで探していたところに
母親から告げられた時の絶望はまだ癒えてなかったんだなぁ。
マルシェに着くまで胸の奥がふるふると震えていました。

そんなだったから、山田さんの猫愛たっぷりの歌にとても救われたし、
ますますボンのことが愛しく思えました。

いまの私にはボンがいる。
ボンにはホントウザッって思われそうだけど、
ゴメンね、母ちゃんはボンが大大大好きだーーーーーー!!!
[PR]
# by holyluck | 2017-10-15 20:08 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

ボンによる関所 その2

f0050625_2116010.jpg

f0050625_211603.jpg

f0050625_2116071.jpg

関所としてのレベルアップに勤しむボン。
2枚目の眼差しなんて素晴らしい技術の賜物です。
母ちゃんを一発でひっくり返し痙攣させるにはもってこい!
[PR]
# by holyluck | 2017-10-14 21:16 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
f0050625_2133336.jpg

f0050625_2133386.jpg

f0050625_2133363.jpg

f0050625_2133420.jpg

f0050625_2133477.jpg

気が付けば怒涛のスケジュール(当社比)になった9月。
最終週もモリモリ盛り沢山で楽しい締めくくりでした。

秋分の日にはエフでのイベント真っ蔵怪談に参加して鳥肌立てて。
翌日午前は銀さん繋がりのお友達と会って、
午後は仲良しさんたちと西荻窪で遊んで食べて。
寝かせ玄米のランチを食べに行ったり、
仕事後に素晴らしいそれはそれは素晴らしいライブに行ったり、
締めは20年以上くされ縁のホンドーさんと韓国料理を食べに行ったり。
よく食べよく遊び、出かけました~。

中旬にひいた風邪による遅れ?を取り戻すかのように遊び歩いていたので、
最後の頃はもう10月に入っているような気がして、
10月のはじめは9月の終りのような気がしていました。

そうこうしているうちに
もうあっという間に年末になりそうで恐いです。
[PR]
# by holyluck | 2017-10-14 21:03 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
f0050625_21232242.jpg

f0050625_21232257.jpg

f0050625_21232244.jpg

f0050625_21232263.jpg

f0050625_21232368.jpg

10月に入りますますますますカワエエ記録更新中。
一部を紹介いたします。ほんの、一部。
本当はもっと沢山ありますのよ。
[PR]
# by holyluck | 2017-10-11 21:23 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

大好きがいっぱい

f0050625_15494462.jpg

f0050625_15494470.jpg

f0050625_15494453.jpg

f0050625_15494466.jpg

f0050625_15494588.jpg

先週末、ボンと出会った町に遊びに行ってきました。
住んでいた頃によく通ったカフェが駅前整備計画にひっかかり
建物が取り壊されるため一時休店すると知ったからです。

季節はちょうどよく栗栗栗・・・
かつて栗虫だったんじゃないかと自分を疑ったくらい
私は栗が大大大好きなんです。
だから「今日は我慢しません!」となるのは仕方ないことで。

でもさすがに腹ごなししないと…と、
道の駅までバスで向かいました。
住んでいた頃はよく来ていました。
産直でお野菜やお花を買い、公園を歩き回り、栗を拾いました。
懐かしいなぁと思いつつ林の中やコスモス畑を歩き、
お世話になってたヒマラヤ杉にも挨拶出来てよかった!
ボンと初めて会った場所も確認?して感無量です。
ボンに会って来年で10年になるんだなぁと思ってたら
愛しさが溢れて涙も溢れてボンに会いたくなりました。

そして最後に本来の目的地であるカフェでお茶をして。
引っ越してからも、こちらに来た時は必ず立ち寄るくらい大好き。
一人の時はこの席で、みんなとはあそこ、
この席で初めてあの話を聞いて、このスペースで映画見て。
沢山の思い出があちこちに残るこの場所にありがとうを伝えました。
今月中にあともう一度行けたらなぁと思いつつ、
充実した気持ちで昔馴染みの場所を後にしました。
昔住んでいた場所が大好きがいっぱいなんてしあわせです。
[PR]
# by holyluck | 2017-10-11 15:49 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
f0050625_21224842.jpg

f0050625_21224836.jpg

f0050625_21224866.jpg

f0050625_21224970.jpg

f0050625_21224928.jpg

三回忌当日は私の誕生日でもありました。

台風一過の空が輝いていて大自然が喜んでいるみたい。
私も体調が良くなりつつあるのを感じてひと安心。

集まってきた親戚と挨拶したり部屋へ誘導しながら
お接待を手伝いながら無事に三回忌を終えられました。
今だからこそ話された過去の話や家にまつわる話を聞いたりして
三回忌ともなると?ほとんど母の思い出話は出ずで
まあそれはそれで良くて母もそれでよさそうで
なにより父が「100歳まで生きる!」と宣言したのがびっくりで
風邪も吹き飛ぶ瞬間でした。頑張ってね、父よ。
母らしい青空の下、親戚をお見送りをしてこれで本当のひと安心。

その日の夜。

雨戸を閉めようと窓を開けたら満天の星空で天の川まで見えていて、
自然界から、もしかしたら母から、大きな大きなプレゼントを貰ったみたいでした。


見えることが大切なんじゃない。
見えないことに拘る必要はない。
遠いことも近いことも問題じゃない。
あなたの中にすべてがある。


そんなこんなでおかげさまで徐々に体は回復に向かい、
ボンの胸元に帰宅した翌日は安静にしていましたが
その週末にはすっかり良くなりイベントにも参加出来ました。

ここまでの2週間はながいながい浄化の時間だったのかもです。

虹、青空、夕焼け、満天の星空、彩雲…
すべて大丈夫、順調順調!のサインだったなぁ。
[PR]
# by holyluck | 2017-10-10 21:22 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
f0050625_920265.jpg

f0050625_920313.jpg

f0050625_92039.jpg

f0050625_920378.jpg

水曜日、いつものようにエフでランチしてすずと遊んでいた。
すずがくしゃみする、しばらくすると私もくしゃみする。
それを2~3回くらい繰り返し、猫アレルギーかなぁと思ってたら
エフを出る頃からくしゃみがひどくなっていった。
ヤバいなぁと思ったら翌朝には鼻水ズビズハでおまけに発熱で動けず。
2日後には三回忌のため帰省する予定なのに…
仕事はお休みして真面目に薬を飲んで回復に努めるもイマイチ。

出発の朝、お願いしたボンのお世話の準備をして、
自分の荷物はテケトーにつめて早朝よろよろと出発。
母ちゃんの具合が悪いのとか関係ないボンが
「ボクってカワエエでしょ?置いてかないよね!」ってしてて
写真とりながら「待っててね」と撫で撫でするしかありませんでした。
8月の帰省から比べると状況に天と地ほどの差が。
それでも電車の運行が順調だったのは助かった…

ほうほうの体で空港に到着。
薬が効いてきて飛行機でもぐっすり寝て。
鹿児島空港へは大きな虹の上をこえて着陸したのでなんとなくきっと大丈夫!と思った。
姉に会った時は大丈夫かなぁと思ってたけどまたも熱が上がってきて。
びわソフトまではなんとか体がもったけどうどんは食べられず、
マイホームタウンに着く頃はほうほうの…
三回忌当日までになんとかなるのか?と思いつつ、
折しも台風が近づいてきていてお天気はいまいち、
気圧の低下でひどい頭痛まで加わりさぁどうなる?頑張れワタシ!と
薬をせっせとのんで寝ているしかありませんでした。

[PR]
# by holyluck | 2017-10-08 09:20 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
f0050625_1903651.jpg

f0050625_1903666.jpg

f0050625_1903794.jpg

f0050625_1903725.jpg

9月の週末はボンと夕焼け鑑賞をよくしました。

ボンは見ているのか見ていないのかわかりませんが、
同じ時間を過ごしている感じがして嬉しい母ちゃんなのでした!
[PR]
# by holyluck | 2017-10-05 19:00 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

9月をふりかえる"2週目"

f0050625_21534323.jpg

f0050625_21534317.jpg

f0050625_21534387.jpg

f0050625_21534372.jpg

f0050625_2153445.jpg

久しぶりの真鶴!大好きな真鶴!
お天気はいまいちでしたが、最高でした。

今回はエフのけいこさんのご友人との旅行 2日目に駅から飛び入り参加、
パワフルであたたかいご友人のお気遣いに助けられ、
とっても楽しい1日になりました。

チャコは元気そうだったけどさらに痩せていて心配。
高齢だし、野良だし、いつどうなるかわからない。
私はチャコに出会えて嬉しかったし大好きだから。
出来るだけ出来るだけ長生きしてほしいから。
可能な限りまた会いに行きたいなぁ。

通り雨に濡れたり大きな声で笑ったりしながら半島を満喫。
今まで素通りしていた美術館にも入り、
けっこういいじゃん今度はみんなにもすすめようとか思ったり、
山の方の食堂で刺身定食をいただいたり、
おつまみに出たカマスの素揚げが美味しすぎたなぁとか、
いろいろ満喫していざボナミへ。

新しく完成した四姉妹の絵が迎えてくれて、
ボナミの時計が進んだのを感じました。


ひとつひとつ、自分のこころの動きを疎かに出来ないから
ひとつひとつ、句読点をうてないと足を前に進めないから
ひとつひとつ、どんな大きさでも私にはたったひとつだから


ボナミからの帰り道、浮かんだ言葉。
ボナミのお二人(と、つぼちゃん)を尊敬します!


9月2週目のメインイベントは真鶴行きでした。
[PR]
# by holyluck | 2017-10-04 21:53 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

ボンによる関所

f0050625_20564570.jpg

f0050625_20564677.jpg

f0050625_20564657.jpg

f0050625_20564660.jpg

f0050625_20564627.jpg

昨日今日の朝のボン証拠写真。

もう、困ります!困ってるんです!困るんですよ!
ボンが可愛い過ぎて前に進めないんですよ!

朝ごはんを食べようとするとクルン
食べ進めようとするとウインク
コーヒーに手を伸ばすとオバケちゃんに変身
後片付けをしようとすると手を伸ばしチャイチャイ
着替えメイク…と立とうとするとクルリンパッ!
そのいちいちに「どんだけよ~」と急いでスマホカメラを起動し
ニコニコしながら撫で撫でパシャリ!パシャリ!
「あぁ~~可愛すぎる!なんたる、ニャーー」
と鳴く母ちゃんを繰返すんだから時間が足りない。
(時にはひっくり返りますからもっと時間がかかります)
きっとご飯を食べてる時間より長いかもしれません。

だからホント困るんです。
ボンの関所は厳しすぎます!?
朝の時間が足りないんですよ。

ボン先生、なんとかなりませんか!!
[PR]
# by holyluck | 2017-10-04 20:56 | ひとりごと | Trackback | Comments(1)

9月の映画 『PATERSON』

f0050625_20341340.jpg

f0050625_20341463.jpg

f0050625_20341490.jpg

久しぶりに映画を観た。

特に大きなエピソードもアクションもなく
1週間を月曜日から1日ずつ淡々と描く。

他人に知られなくても認められなくても
自分を表現する場や手段があることは幸せ。
詩でも洋服でも絵でもいたずらでも。
生活の豊かさや心の豊かさって
そんなところにあるんじゃないかなって思った。
映像にも普段は見逃しがちな美しさが沢山ちりばめられていた。

見終わったあとからじんわりと心が暖かくなり
映画のいろんなシーンが浮かんでは消え
いつまでも味わえるそんな映画だった。
[PR]
# by holyluck | 2017-10-03 20:34 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

9月をふりかえる "1週目"

f0050625_20562643.jpg

f0050625_20562612.jpg

スロースタートと宣言した9月のはじまり。
この後いろんな予定が見えていたので
あえてのスローですた。


土曜の夕方にエフに行って、
ウマウマ納豆クリームパスタを食べ、
すずのすけと遊んだのでした。

すずは以前より腕の中滞在時間が短くて
少し寂しい乳母の母ちゃんですが
3週間後に控えたエフでの催しもの
『真っ蔵怪談』のアピールのために
オバケちゃんになる練習を一生懸命しました。

「ヒュ~~…ドロドロドロ……どう?こわいでショ?」のすずでした!
[PR]
# by holyluck | 2017-10-02 20:56 | ひとりごと | Trackback | Comments(1)
f0050625_205498.jpg

f0050625_2054977.jpg

すっきり晴れた日曜。
遠くなった空に秋を感じました。

ボンとブタさんは仲良しです!
やらせだけどやらせではありません!?
[PR]
# by holyluck | 2017-10-02 20:54 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

10月だねぇ…

f0050625_22184965.jpg

f0050625_22184997.jpg

f0050625_22185049.jpg

うっかりしてる間に10月になってしまったみたいで。
大切な9月、大好きな9月、いろんなことがありました。
沢山の楽しい嬉しい美味しい幸せがあり、
中旬は大風邪をひいてしまって浄化祭りになったり、
ブログの記事に出来ないまま駆け抜けたなぁ・・・


まあまあ。

さぁ10月がはじまりはじまり。
今年も残すところ3か月っていうとびつくり。

今日は気になってた映画を観に行き、
「跳べ!」というメッセージを受け取りました。
さて、どこに跳ぼうかね?

その後はお外の椅子で美味しいパンのランチ。
オープンエアが気持ちいい季節だなあ。
人工的に作られた場所だけど、木があるとそれだけで緩む。
もっともっとお外に行きたい。
お外で遊びたい、緑の中を歩きたい、自然の中で瞑想したい…
つらつらとそんなことを考えぼんやりとしました。

10月、気持ちも新たにがむばろ!
[PR]
# by holyluck | 2017-10-01 22:18 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

9月に入りました!

f0050625_21413593.jpg

f0050625_21413622.jpg

f0050625_21413618.jpg

大好きな9月、大好きな季節。

のんびりスタートでぐんぐん加速していく予定です!
お楽しみもてんこ盛り~
[PR]
# by holyluck | 2017-09-01 21:41 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

8月終わり!

f0050625_2104668.jpg

なんだかんだと濃厚な8月は長かった!
時間が長くて1週間が1カ月くらいに感じた。
この長い濃厚さ久しぶりだったなぁ。

8月最終日の今日は気温が低くて
雨上がりの夜のはじまりは秋の虫の合唱でスタートした。
ひと雨ごとに秋が近づいてくるんだなぁ。
9月も暑い日はあるんだろうけど、
やっぱり真夏のそれとは違うんだろうな。


明日から大好きな9月。
イマココを存分に楽しんでいこう!

※写真はイマココをじっとり楽しむ姿の一例です

[PR]
# by holyluck | 2017-08-31 21:00 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)
f0050625_20205617.jpg

f0050625_20205692.jpg

紙袋、段ボール箱、新聞といった紙モノは
いつでもボンちゃんのものです。
そうじゃなくしたいものは置いておいてはいけないのです。

今朝はあえての大好きなAmazonの段ボールに紙袋を入れて
さあどうぞってしたら入り浸って出てきません・・・
撫でるのも隅々までしにくいし抱っこ出来ないし。
ボン的にはサイコーなようですが、母ちゃん的には失敗です。
[PR]
# by holyluck | 2017-08-30 20:20 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
f0050625_20404577.jpg

f0050625_20404586.jpg

f0050625_20404553.jpg

何度でも何度でも
この世界の優しさを信じよう
この世界の自分のことを信じよう
世界は優しさで満ちていることを
信じよう



帰宅途中
ふと空を見上げると
猫の抜け毛のかたまりのような雲たちが
茜いろに染まりはじめていた

あぁ、きれい

バス停に向かう足を翻し
ゆっくり歩いて帰ることにした

そうしている間にも茜が深まり
空いっぱいに優しさが広がっていく
私の胸にも優しさが満たされていく

上弦の月が銀色に輝く

泣きたくなるほどの美しさだ

ボンヤリと眺めていてると
あっという間に日が落ちていって
夏の終わりの夕暮れは日に日に早くなる

夕闇に消えていく人々の心に
あの茜色の優しい光が
影絵のように残っていますように
あの茜色のともしびを胸に
優しい眠りにつけますように
空を見上げながら思わず祈っていた

世界が優しさで満たされていると
自分もとっても優しくなれる
そんな当たり前のことに思い至って
ふと気がついたら
目の前が涙でかすんでいた

[PR]
# by holyluck | 2017-08-29 20:40 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

信じる

f0050625_2022332.jpg

「戒め」って書くくらいとてもつらい出来事だったから
前記事の話は他人にしたことはない。
後輩ともその話はタブーみたいになっていたし。
でも、記事を書くことで一度しっかり見つめたら新しい視点が見えた。
私は「自分の言葉で他人を傷つけたくない」なんて書いたけど、
そもそもその後の20年間で誰も傷つけなかったとは言えないってこと。
どんなに細心の注意を払って言葉を選んだとしても、
自分の記憶に傷つけたことがないと思っていたとしても、
そんなわけあるかっつーの!と自分に突っ込んでしまった。
トホホ。
そうだよね。
自分だって他人の言葉に勝手に傷ついたり傷つけられたって思ったり、
そうなっても相手にそんな意思表示はしないもの。
だったら言わないって選択をするよりも、
伝えたいことは誠実に伝えてみようと思った。
もしも伝えて変に受け取られたらそれは相手の問題なんだと思う。
それはそれまでよってこと。
自分の気持ちの動きまで封じ込めなくていいね。
こころからの言葉なら、必ず相手に伝わるって信じよう。
そんな風に伝えられるって自分を信じようと思う。
[PR]
# by holyluck | 2017-08-29 20:22 | ひとりごと | Trackback | Comments(1)

戒め

f0050625_21473070.jpg

f0050625_21473082.jpg

悲しみの淵にいる人に声をかけられなくなったのはいつからか…


20年近く前のこと。
新卒で入った職場の上司が50歳を前に癌が見つかった。
奥さんと一人娘さんがいて家族を大切にしていた。
病が見つかるまでは、職場のスタッフで登山や旅行や飲み会やと
あちこちに一緒に出掛けみんな可愛がって貰っていたんだ。

原発の大腸癌は手術できて回復祝いをしたけれど、
転移再発して再び戦いがはじまり状態があまりよくない頃に、
仕事のことを確認しなければならず電話をした。
その電話口に出た上司に「お体は大丈夫ですか?」と言った途端、
「大丈夫なわけないだろうっ!!!」と声を大きく荒げて返された。
いつも温厚でジョーク好きの笑い声が聞こえるような上司の豹変ぶりに
びっくりして言葉を失い次の言葉や用件が口から出なくなり、
近くにいた後輩に電話を代わって貰ったのだったか。
電話を終えた後輩と二人泣いたっけな。

あとから「あれはキミだからつい言ってしまったんだ」と
数人を通して何度か聞かされた(本人もかなり反省したらしい)が
返す言葉が見つからないまま
再び会うことも出来ないまま
帰らぬ人になってしまったのだった。

それ以来、不安や恐怖や悲しみを抱えた人に声をかけるのがこわくなった。
おいそれと「頑張って…」「大丈夫?」「わかります…」なんて言えなくなった。
仕事がらどうしてもそういう人に会うことが多いけど、
そういう言葉は選ばないようにして違う切り口を探している。

最近も知り合いが二人続けて大切な猫ちゃんを亡くした。
何か言葉をかけたかったけど、どんなお悔やみも祈りも言葉に出来なくて
ただひとり沈黙して祈るのみだった…

過去は過去のことだっていうのは分かっている。
あの時上司は沢山のおしつけがましい言葉や励ましに辟易していたんだろう。
たまたま私がそのタイミングに声をかけてしまっただけ、
私だから受け止めてくれると思って言ってしまっただけ。
それだけかもしれない。
でもうっかり何も考えずに声をかけてしまったのは事実。
想像力の欠如した挨拶程度の気遣いと見破られたから
実は自分がそのことをよく知っているから
あのひと言は能天気な胸に突き刺さったまんま。

戒めってやつ。

だから私はやっぱり沈黙を選ぶ。
私自身は誤解されてもいい。
自分の発した言葉で他人を傷つけたくないんだ。
[PR]
# by holyluck | 2017-08-27 21:47 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

夏休み・自然編

f0050625_19234892.jpg

f0050625_19234848.jpg

f0050625_19234893.jpg

f0050625_19234853.jpg

f0050625_19234952.jpg

花より団子を証明するかのごとく、
ウマウマ編で終了しそうだった夏休み帰省の記録、
大切な自然編をちゃんと残しておきたいと思います。

出発は朝5時前。
鳥が目覚めて鳴き始めた頃でした。
バスはまだ走っていないのでゆっくり歩いて駅まで。
久しぶりにそんな時間帯に歩いていたら
重い荷物のことを忘れてしまって散歩でもしているかのような気分で
とてもとても気持ち良かったです。
朝焼けに振り返れば鳳凰のような大きな鳥が飛んでいて
吉兆!とつぶやいて駅まで向かいました。

最寄り駅から羽田空港まで、電車の急停止や運転見合せがあり
あせりながらもゲームの駒を進めていくように電車を乗り継いで
なんとか無事に空港に到着出来ました。
家を早く出ていてホント助かった!

マイホームタウンに到着して最初に目に入る景色が大好き。
マイホームタウンは人口の少ない過疎地だけど、
だからこそ自然のままのワイルドさが残っていて、
自然の大きさに迎え入れられて安心するのです。
この日は砂地で遊ぶ親子連れがいて、
私たちも入りたいね…と姉と波打ち際で足を浸けて。
日射しが痛いくらいだったけど、いつまでも入っていたかった。
なんなら全身ザパーンとしたかったけど、
後のことを考えて止めておきました。
次は泳ぎたいなぁ。

実家の庭から見る夕焼けも最大の楽しみ。
台所の窓が西を向いているので、
夕飯の仕度をしながら空をチェック。
空が焼けはじめたら火を止めて外に出て。
ひぐらしの鳴く音をたどりながら暮れていく空を眺めるのが至福の時です。

夏の花は少ないけども、ハッとする美しさでした。
独り暮らす父はみかん山の作業に追われていて
なかなか庭の手入れや家庭菜園をしっかりやるまでいきません。
作っても収穫するのも忘れちゃうこともありそう…
母が生きていればここにはトマト、あそこにレタス2種類、
そこにはピーマンでまた違う種類のトマトがここに…
花はあそこにもあったのにな…と失ったものを眺めながら
聞こえない母の声をききながら家の周りをうろうろしました。

母不在の二回目の夏。
来月は三回忌。
[PR]
# by holyluck | 2017-08-26 19:23 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

夏休み終わり

f0050625_8592242.jpg

f0050625_8592298.jpg

f0050625_8592288.jpg

f0050625_8592218.jpg

日曜の午後、昼寝をして起きたら
はじめは違う場所で寝てたボンが
頭の上に移動して私のすぐ近くで寝てた。

目が覚めて視界にボンの足が見える幸せ。

手を伸ばして触れる。
鼻をこすりつける。
指を甘噛みする。
手を伸ばす。

寝起きのぼんやりとした中で
しあわせをかみしめる。

一緒に居てくれてありがとう。
ずっと一緒に居てね。
ボン!
[PR]
# by holyluck | 2017-08-21 08:59 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

夏休み・うまうま編

f0050625_14541520.jpg

f0050625_14541592.jpg

f0050625_14541555.jpg

f0050625_14541683.jpg

f0050625_14541695.jpg

お盆休み、実家に帰りました。

今回は実家に向かう途中で初めての道の駅に寄ったので、
新しいうまうまに出会いました。

なんといっても感動したのは「びわソフト」。
あの、儚い枇杷の甘みを存分に味わえてもう最高。
姉と二人でニッコニコしてた。
すぐまたリピートしたい、します、しなければ!

昼ご飯は生うどんのつちやさんで。
とても丁寧に作られていてご飯ものも美味しい大好きなお店。
うどんは讃岐みたいにコシ命ではなく柔らか過ぎもせず。
つるつると滑らかなのど越しが好き。
この日のおすすめセットは鶏飯だったんだけど
出汁つゆがそれはもうふくよかなお味でしあわせ。
ニッコニコしながらいただき~

おやつのふくれ菓子やけせんだんごも安定の美味しさ!
地元のお母さんたちが作ってるんだもの当然だよね。
亡くなった母も昔はよく作ってくれて美味しかった!
手伝いもほぼせず食べる専門だったから私は作れない。
今更ながら作り方を教えて貰っておけば良かったなぁ、なんてね。

三色のふくれは黒糖よもぎココアと甲乙つけがたい。
けせんの葉で挟まれた団子は葉っぱの香りがとってもいい。
他にも食べたい手作り和菓子が沢山あったけど、
日保ちしないしいっぺんに沢山は食べられないしで断念。
来月の課題としてしっかりリサーチだけはしておきました。

最後は初体験のドラゴンフルーツ!
淡白な甘さと微かな酸味、果肉はたべたことのない感じの柔らか食感で
なんだかクセになりそうな果物でした。
また見つけたら買ってしまうかもかも。
[PR]
# by holyluck | 2017-08-16 14:54 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
f0050625_8532755.jpg

f0050625_8532871.jpg

ボン父さん頑張っておりまして、
エノコロクサ活動は続いております。

いつもは母ちゃんを見ても声をあげたりなんかしないボンですが、
エノコロクサを持った父さんになら声をあげて歓迎します。
アマアマにスリよりカワエエ声で鳴きますです。

それでも一度に摘んでくる草の量は諸般の事情により限られていて
時には足りない足りない、もっと欲しいと苦情を頂きます。

前向きに検討いたしますとこたえてますが、納得いかない様子のボン。

エノコロクサはいつまで続くのか・・・
ちょっと面倒くさ…いや、ちょっと疲れてきた父さんなのでした。
[PR]
# by holyluck | 2017-08-08 08:53 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

花火大会

f0050625_22272988.jpg

f0050625_22272954.jpg

f0050625_22272996.jpg

帰宅して夕飯を食べていると部屋をなんか叩かれてる感じ…
数回目で花火の音だと気がついた母ちゃんです。
けっこうドンッってカラダや窓ガラスに響く音がするけど
へっちゃらりらりら~と余裕のボンちゃん。
母ちゃんの方が気になって気になってしかたないのでした。
母ちゃんは振動で脂肪が揺れるから・・・かな?

今日は部屋の中から窓にかじりついてみたけど
今度は夜空の下でゆっくりみてみたいなぁ。
よし、今年中の目標!にしよう。

誰か~~~~
[PR]
# by holyluck | 2017-08-05 22:27 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

グルーミングショー

f0050625_204925.jpg

f0050625_2049286.jpg

f0050625_2049317.jpg

f0050625_2049333.jpg

今日は久しぶりにすずに会いました!
普段エフには週1から週2のペースで行ってるのに、
予定が入ったりでタイミングを逃してたら
あっという間に2週間が過ぎてしまいました。

今日もすずのすけは可愛かったです。
最初は外の鳩に気をとられていましたが、
蔵の中に入れて貰ったらゆっくりとグルーミングショーを披露。
その後、目の前に来てゴロンとお腹を出して
ナデナデして~のあまあまの坊っちゃんに変身。
蔵の中ふたりっきりで濃厚な時間を過ごしました。

今月もよろしくよ、すっず。
[PR]
# by holyluck | 2017-08-02 20:49 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

8月、よろしく!

f0050625_21281127.jpg

8月になりました。

今朝、目が覚めて最初に見たもの。
この世で一番カワエエ生き物。
マイボーイ
マイラブ
マイハート
の、ボンちゃんでした~♡

さぁさぁ、8月も頑張っていきまっショイ!
[PR]
# by holyluck | 2017-08-01 21:28 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

7月よ、ありがとう!

f0050625_21581562.jpg

f0050625_2158159.jpg

f0050625_21581545.jpg

昨日今日と身体のメンテナンスをしてたので、
今日は心のメンテナンスとしていろんな想いを解放してあげました。
なので、この前の記事は暗いですが私は大丈夫です。
というか、ただひたすらに日々を積み重ねていきながら、
少しづつ少しづつ銀色の光と糸に助けられながら、
新しい物語を紡いでいけたらと思います。

ありがとう
ごめんなさい
ゆるしてください
あいしています

peace of I ∞
[PR]
# by holyluck | 2017-07-31 21:58 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

弱虫

f0050625_17411524.jpg

f0050625_17411540.jpg

先月のこと。

今日は月命日だから大好きなさくらんぼを持ってエフに行こう…
ふと、そう思ってしまったんだ。
猫友さんと一緒に夜のエフに行ったら、
同じ想いで来店された方が多く賑やかなくらいだった。
その時はしんみりとしつつも楽しい時間を過ごさせて貰った。

その日から私の中に小さな変化が生まれていた。
「彼女はもうこの世にいない」ということを自分から認めたってことだった。

馬鹿みたいかもしれないけど、私はまだ認めたくなかったんだ。
月命日とか空から見てるとか言いたくなかった。
ずっと彼女との出会いとはじまりを繰り返し思い出しては
彼女の真意や思いやりや愛に対する自分の弱さやズルさや逃げを、
何度も何度も何度も悔やんでいた。
一緒に過ごした時間のひとつひとつを点検しては自分にダメ出しをしていた。
まるでまだやり直しがきくかのように。
まるでやり直したらあの瞬間を取り戻せるかのように。

でも「つきめいにち」という言葉を自ら使い、
上野の蓮の池で肉体をもたない彼女の存在を感じ、
とうとう認めざるを得なくなった気分だった。

認めたことでひとつの章は終わり、新たな章が始まったようでもあり。
ここから「本当に」彼女がいない日常を紡いでいかなくてはならない。
実は、どこかで見ている…一緒に楽しんでる…そう思うほどに
私にはとてもつらい時間が始まったような気がしてならない。

前回のビアガーデンの記事からなかなか文章が書けなかった最大の理由。

彼女の「〇〇こさんの弱虫!」って声が聞こえるよ。
そう叱られてもしょうがないね。
[PR]
# by holyluck | 2017-07-31 17:41 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)